SSブログ

死の都・・・Teatro alla Scala・・2019/6/7 [オペラ]

ブログDSCF9304.jpg
ブログDSCF9305.jpg
ブログDSCF9306.jpg
Direttore Alan Gilbert
Regia Graham Vick

Paul Klaus Florian Vogt
Marietta Asmik Grigorian
Frank/Fritz Markus Werba
Brigitta Cristina Damian
Juliette Marika Spadafino
Lucienne Daria Cherniy
Victorin Sergei Ababkin

 パウルに作曲家コルンゴルトの人生を重ねた演出と叙情性に満ちた演奏が、映画を鑑賞したような余韻を残した公演でした。
 ドイツのオケのようにキレのある音で、パウルの幻想と倒錯の世界を迫りくるような臨場感をもって表現しようとしても、ここはドイツの劇場のようにドライな環境ではありません。指揮のギルバートがスカラの音の魅力を活かし、有名なアリアをゆっくりと歌わせ、この作品が持つ叙情性を強調したことは納得できるものでした。もちろんパウルの幻想の場面では演奏に生温さを感じたのは否めないのですが、スカラの美しい音を聴いていると脳内では不思議と聴覚が視覚へ自動変換され、紗がかかった映像を見ているような感覚になってました。
 そんな紗がかかった映像から飛び出してきたようだったのがグリゴリアン。以前ザルツブルクのヴォツェックでマリーを歌ったときには非常に若々しい声だったことを思い出すと、今回は声に疲労感がなきにしもあらず。しかし、活き活きと動きまわりながら、なんら非の打ちどころなく歌う様は圧巻で、ここまで動きながら歌える人は男性だとエスポジトが思い浮かぶのですが、女性では他に思い当たりません。その様子はパウルの幻想を超えてパウルを苦しめているかのようでした。
 パウル役のフォークトのリリックな声は叙情性を強調した公演でも適役でした。ただハンブルクの一人芝居的演出のほうがポテンシャル全開だった気がしたのも事実。それはフォークト自身の問題というより、劇場や演出による臨場感の差から生じた感覚でした。
 舞台奥にはたっぷりとドレープの入った紗幕があり、幻想の場面ではそれが上がるとはいえ、奥行の広い舞台でドレープたっぷりの紗幕となれば臨場感は薄くならざるをえません。それでも臨場感が希薄だったことも叙情性を高めて映像を見ているような印象に繋がった要因で、それも映画音楽で成功した作曲家の人生を映像のように表現するという狙いだったのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 

イドメネオ・・Teatro alla Scala・・・2019/6/6 [オペラ]

 ドホナーニの降板はベルリンのサロメに続き2回目。ご高齢とあって今後機会が訪れるだろうかと思うと残念ではありますが、ファソリスが代わって指揮を執るとあれば文句はありません。
DSCF9230ブログ.jpg
Direttore Diego Fasolis
Regia Matthias Hartmann

Idomeneo Bernard Richter
Idamante Michèle Losier
Arbace Giorgio Misseri
Ilia Julia Kleiter
Elettra Federica Lombardi
Gran Sacerdote Krešimir Špicer
Voce di Nettuno Emanuele Cordaro
Due Cretesi Silvia Spruzzola, Olivia Antoshkina
Due Troiani Massimiliano Di Fino, Marco Granata
ブログDSCF9234.jpg

 演奏は劇的かつ流れが美しく、ノーストレス。
 日本でもお馴染みのリヒターがタイトルロール。熱演熱唱で役に没頭、大役を立派に勤めてました。
 イダマンテ役の人は素朴な少年という印象。
 個人的に今回最も印象的だったのがイリア役クライターとエレットラ役のロンバルディ。適材適所とよく言いますが、ここまでハマる人はそういないのではないかと思うほど。二人共演出などなくても、つまり目をつぶって聴いているだけで、それぞれの性格、どんな状況にあるかまで伝わる歌唱でした。
 クライターは繊細な表現で囚われの身の悲しみやイダマンテへの愛など複雑な心のひだを映し出し、品よく可憐なイリアを好演。
 ロンバルディはクールでまろやかな歌声ながらも、内なる炎のような執念と怒りがにじみでた歌唱は見事。圧巻だったのが最後のアリアで、脳裏に浮かんだのはヘルリツィウスが歌うエレクトラ。もちろんシュトラウスを歌う声質ではなく、姿もヘルリツィウスとは似たところなどないのですが、間違いなく同一人物、史上名高い烈女でした。カーテンコールでも最も称賛を受けていたように感じたのですが、イタリア人とあって言葉のニュアンスにも秀でていたのでしょう。

 演出はクレタをイメージするセット。正直あまりピンとこず。

 音楽面だけでも充分満足でした。
nice!(0)  コメント(0) 

トゥーランドット・・Teatro Comunale di Bologna・2019/6/5 [オペラ]

 6月の旅行は6泊9公演鑑賞というハードスケジュール。 
 どうして初日にボローニャ?しかもトゥーランドット?図らずもみることとなった演目であろうことは言うまでもありません。旅行中、この他にもいろいろと図らずも・・があったのですが、なんもかんもスカラの二転三転したスケジュールのおかげでございます。死の都の日程が発表当時は7日、11日、それなら10日ウィーンの後で11日ミラノで丁度良いと、飛行機を手配してしばらくすると、なんと死の都は6日、10日に変更。これにてウィーンーミラノの航空券はパー。仕方なく6日に観るとして5日のドホナーニ指揮のイドメネオも一緒に観ようと思っていたら、ドホナーニが降板。するとそれだけでは済まず、日程が6日イドメネオ、7日死の都に変わりおって、え~~~い畜生め~~~と下品な言葉を発してしまいそうだったのは、何を隠そう、旅行の最大の目的は8日のザルツブルク『ポリフェーモ』。開始時間が午後3時とあってミラノから移動はかなり厳しく、『死の都』は諦めなくてはいけないかもしれない状況に。でも結果的にはなんだかんだあっても無事両方見てきました。なんだかんだは追々。
ブログDSCF9222.jpg
DSCF9302ブログ.jpg
DIRETTORE Valerio Galli
IDEAZIONE E REGIA Fabio Cherstich

TURANDOT Ana Lucrecia Garcia
TIMUR Alessandro Abis
ALTOUM Bruno Lazzaretti
CALAF Antonello Palomb
LIU’ Francesca Sassu
PING Sergio Vitale
PONG Pietro Picone
PANG Orlando Polidor
UN MANDARINO Nicolò Cerian
ブログDSCF9303.jpg
 前書きばかり長くなって公演の感想は興味のない演目なのでほとんど書けません。
 5日の公演を探したところ見つかったのがこの公演。ボローニャの劇場は初体験です。この公演はカールスルーエとの共同制作。グローバル化と言われて久しいですが、オペラの場合は劇場とオケが違うだけで印象は異なります、完全なグローバル化は不可能とも言えるので、どこの劇場も経営が厳しい中、共同制作によって公演数を増やすことができるなら良い手段と言えるでしょう。また、ビデオを多用した演出も決して悪いとは思いません。基本的に演出については許容範囲は広い方ですが・・・。
 ドイツの劇場との共同制作となれば演出は普通でないであろうことは予想してました。しかし、今回の全面ビデオの演出はシュールすぎて全くついていけず。嫌でも目にしてしまうコーラスの子供達が夜泣きしてしまうのではないかと心配してしまうほどの不気味さがありました。
 考えてみると物語そのものがシュールで残酷ということはあるのですが、それでもどこに目をやっても奇妙な映像から目をそらすことができず、参りました。
 音楽面については演奏は逞しく見事な鳴らしっぷり。歌手も悪くなく、地元の人達も音楽にはほぼ満足していたようでした。
nice!(0)  コメント(0) 

ジークフリート・・・Staatsoper Unter den Linden・・2019/9/11 [オペラ]

 ベルリンに戻ってジークフリート
ブログDSCF9337.jpg
MUSIKALISCHE LEITUNG Daniel Barenboim
INSZENIERUNG Guy Cassiers
 
SIEGFRIED Andreas Schager
MIME Stephan Rügamer
DER WANDERER Michael Volle
ALBERICH Jochen Schmeckenbecher
FAFNER Falk Struckmann
ERDA Anna Larsson
BRÜNNHILDE Iréne Theorin
DER WALDVOGEL Serena Sáenz

 前日優しいワーグナーを聴いたせいか、この日は前2作よりもオケが鳴らしているように感じてしまいました。それも始まる前にアナウンスあり、フォレとリューガマーが調子悪いが歌うとのこと。確かに前2作ほど声に力はなかったようにも思え、声とのバランスという点で演奏が鳴らしていたように感じたのかもしれません。それでも前日の公演の後では何ら不足に思うはずもなく、感想も凄く良かったの一言で済んでしまいそうですが、気づいたことを書き残しておきます。
 シャーガーが進歩し続けているのは既に他の演目で実感してますが、このジークフリートでも明らかでした。初めてシラーでシャーガーのジークフリートを聴いたときは一本調子気味で、誰に何を言われようが3歩歩いたら忘れちゃう、いや3歩歩かなくても3小節歌えば忘れちゃうタイプなんて感想に書いてました。今回は5歩、いや5小節くらいかな?それ以上だと逆にジークフリート感が薄れてしまうので。一本調子といった感も全くなし。根本的にシラーはシャーガーには小さすぎだったかもしれません。1幕で快速でたたみかけるように歌うジークフリートに対し、たじたじのミーメ。絶妙なテンポの変化で演奏が二人の関係を裏打ちしながら、物語へ観客をぐいぐいと引き込んでいきました。
 ファフナー、フンディング、ハーゲンと3役歌うので全ての公演にご出演のシュトルックマン。この日のファスナーの死の前の歌い方には憐憫の情を抱かざるを得す。
 フォレは調子悪いとはいえ、枯れていく姿には合って言うことなし。
 ワルキューレでは純粋な少女で意外性をみせてくれたテオリンは寝ている間にしっかりと成長。ヴィヴラートの強い歌い方で以前から知っているテオリンでした。もちろんなんら不足はありません。
 
 最後の神々の黄昏は観ることなくこの遠征は終了。
 ただ3公演を通して全て大満足というには少々気になったことがあったのも事実。それはオケが不安定な音を出したり、緩んだように感じることが以前に比べると増えた気がしたこと。単なる気のせい、あるいはたまたまということだったらよいのですが、思い出したのは6月にバレンボイム先生が契約を更新した際、ハラスメント疑惑を受けて契約延長の条件に職場環境改善の誓約があったこと。オケのメンバーの居心地はよくなった一方で、観客のストレスは増えたなんてことになったらプロとしていかがなものか。それ以前からバレンボイム先生自身が忙しくなりすぎてSKBと仕事する機会がそもそも減っているということもあるかもしれませんが、ハラスメント疑惑はオケに対してもおのずと厳しい目を向けることになってしまいました。
 臨席の人に一般の人達はハラスメント疑惑についてどう思っているのか尋ねたところ、昔から年配の人は弟子に対しては厳しく接するもの。だからほとんどの人はそれほど重く受け止めていないと思うとのこと。マイスターの国らしいと思ったのですが、[猫]が、そういった問題よりも貢献度のほうがはるかに大きいということもあるでしょうねと言ったら大きく頷いてました。

 だからといって、ハラスメントと感じてしまう状況まで追い込まれることはあってはならないのはもちろんです。ということで以下、最近のパワハラ問題についていろいろと思うことを書きます。

 対策を指導者側に求めるだけで充分なのかという疑問は払拭できません。ハラスメントは受けた側はそう感じても、加えたとされる側はそういった意識はないということがほとんどです。そもそも同じ組織内では相談することが難しいからハラスメントと感じるまでに追い込まれてしまうのですから、その溝を埋めるには劇場とは無関係の組織がメンタル面のアンケートを定期的に行うなど、大事に至る前の早期発見と対応に当たるよう対策を講じないとなかなか防げない問題のように思えてなりません。ドイツは多くの音楽団体が存在するのですから、それらを全部引き受ける組織があってもよさそうです。ただ、どんな職業でもストレスのない仕事などないでしょう。必要以上に指導する側が気を使わなくてはいけない状況になって、質が低下するなどということも勘弁願いたいのです。
 パワハラにしろセクハラにしろ、受け止る側の問題となると言い出したらきりがないといった面があり、そのうち厳しい緊張感は皆無、みんな仲良くが第一、当たり障りのない音楽ばかり聴くハメになりそうです。否、そうなったらもう聴かないということになるかもしれません。
 

nice!(0)  コメント(0) 

ラインの黄金・・Finnish National Opera ・・2019/9/10 [オペラ]

ブログDSCF9315.jpg
 快晴のヘルシンキ

 サロネンの初リングとあって観ることにしたものの、ベルリンリングの間というのはいかがなものか。この公演はフィンランド人によるフィンランド人のためのリングなので、ドイツ語圏のリングとは異なると予想しなくてはいけません。ドイツ語圏以外の国となると伴奏のような演奏にイタリアオペラ風の歌。それでも期待値を下げて臨めば予想より良かったと思えるかもしれませんが、直近で本場のワーグナーを聴いてしまうと期待値を下げようにもそうは上手く対応できず。これを見てからベルリンへ行ったほうがよいのは分かっていても日本を離れるのはなるべく短期間にしたいという思惑もあり。しかし、予想しながらその通りだったら自己嫌悪に陥りそうと思いながら臨みました。
CONDUCTOR Esa-Pekka Salonen
DIRECTOR Anna Kelo

WOTAN Tommi Hakala
FRICKA Lilli Paasikivi
LOGE Tuomas Katajala
FREIA Reetta Haavisto
DONNER Tuomas Pursio
FROH Markus Nykänen
ALBERICH Jukka Rasilainen
MIME Dan Karlström
FAFNER Jyrki Korhonen
FASOLT Koit Soasepp
ERDA Sari Nordqvist
WOGLINDE Marjukka Tepponen
WELLGUNDE Mari Palo
FLOSSHILDE Jeni Packalen
DSCF9341ブログ.jpg
 結果予想通り。[猫]は自ら罠に飛び込んだアンポンタンだということで、以下自粛・・・としたほうが良さそうな気もするのですが、アンポンタンが何を書こうがどうということはないので書いておきます。
 鑑賞しながらここはドイツじゃないからと何回も念じてしまいました。なにせラインの黄金から神々の黄昏どころか神々ほぼ全滅。どういうことかというとワーグナー歌いとは言い難かったということ。歌い方や役作りといった面でドイツでも通用するワーグナー歌いはアルベリヒとミーメくらい。あとは演技のなかった巨人とエルダがいけるかもしれないという程度。後でキャストを確認したところ、アルベリヒはベテランのラジライネン、ミーメ役の人もライプツィヒで活躍する人と分かりました。[猫]のようなド素人アンポンタンでも分かるくらい違ったということです。これでは演奏は歌いやすいように伴奏のようにならざるをえないというところ。ニーベルハイムの場面からはワーグナーらしい躍動感が出てきたのですが、それも充分とはいえず。最後の演奏もティンパニーが浮き上がることなく、立体感や厚みに乏しい演奏に終始した感がありました。
 オケは決して下手ではなく、耳に心地よい演奏で、冒頭部分は凄く良かったし、序盤それほど鳴らしてなかったので巨人族登場場面はハグリッド並みの巨人は想像できたので[猫]の拘りはかろうじてクリアしてました。
 それでもベルリンに帰ってから臨席のドイツ人に演奏は綺麗だったけど物語を語らないし、歌はイタリアオペラみたいだったとグチってしまったところ、ワーグナーを歌うのはものすごく難しいんだよと諭されてしまいました。結局、[猫]は本場のワーグナーばかり聴いて耳が肥えすぎ、つまりメタボ耳のアンポンタンと自覚するに至りました。
 演出は照明を上手く使っていたので良く言えばファンタジック。ただ神々の衣装と演技が見事なまでに不自然。初演なのだから演出家が演技指導するのが普通だと思うのですが、ツメが甘すぎてコメディかとツッコミを入れたくなるような場面もあり、ほとんど学芸会でした。
 
 それでもフィンランドの人達にとっては待望のフィンランド人によるリングということなのでしょう。カーテンコールは称賛に溢れてました。
 

 最も違和感があったのは某サイトで目にした評論。この公演に最高の5つ星がついていたのはいくらなんでもトンチンカン。(これもアンポンタンからトンチンカン呼ばわりされても、あるいはその逆でもどうということはないでしょう。)一方同サイトで今回のベルリンリングはR3、W5、S4、G4。ちなみに2018年のゼンパーリングはR3,W3,S4,G3,2015年のバイエルンリングがR3,W5、S3,G4。つまりバレンボイム、ティーレマン、ペトレンコのラインの黄金は仲良く★3つしかもらえてないということ。もちろん筆者が違うので単純に比較はできません。おそらくドイツのリングは生粋のワグネリアンの評価で、ヘルシンキはワーグナーに興味のないサロネン信奉者でしょう。これが全くの素人が書いた感想だったらそれでも違和感を持つことはないのですが、評論家や音楽関係者だとしたら。。。[猫]もサロネンは今まで良い印象しかなかったのでこの公演に来たのですが、最高の星5つをつけてしまうほどのサロネン信奉者にはドン引きであります。ワルキューレまで購入してしまって憂鬱になっている[猫]ですが、次回はストップオーバーで最初に鑑賞するし、他にワーグナーは聴かないので期待値を下げて臨めば今回よりは楽しめるかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 

ブーレーズ アンサンブルXX・・Pierre Boulez Saal・・2019/9/9 [コンサート・リサイタル]

BOULEZ ENSEMBLE
DANIEL BARENBOIM Conductor, Piano
RADEK BABORÁK French Horn
DENIS KOZHUKHIN Piano
KARIM SAID Piano
MICHAEL WENDEBERG Piano
ALINE KHOURI Harp
SUSANNE KABALAN Harp
STEPHEN FITZPATRICK Harp
LEV LOFTUS Percussion
DOMINIC OELZE Percussion
PEDRO TORREJÓN Percussion

PROGRAM
LUDWIG VAN BEETHOVEN Sonata for Horn and Piano in F major Op. 17
BÉLA BARTÓK Sonata for two Pianos and Percussion Sz 110
PIERRE BOULEZ sur Incises

 この日はブーレーズザールのシーズン開幕公演。2017年にバレンボイム・サィードアカデミーの付属コンサート・ホールとしてオープンしたホールですが、今回初めて足を運びました。
 チケットを購入時、舞台のそばと2階席が残っていたのですが、音のバランスを考えて2階席を選択。楕円形のホールの2階席は緩く波打っているので席は水平でも床は若干の傾斜があり、向かい側の波打っている2階席を見ていると平衡感覚がおかしくなりそうな気がしましたが、公演が始まるとすぐに気にならなくなりました。

 ベートーベンはバレンボイムのピアノにバボラークのホルン、バルトークはピアノ2名とパーカッション2名、休憩後のブーレーズはバレンボイム指揮、ピアノ3名、ハープ3名、パーカッション3名、舞台からみると全方向に客席があるのでピアノは蓋(屋根)無しでの演奏でした。

 歌劇ばかりでコンサートへはあまり足を運ばない[猫]が興味深かったのはパーカッションの多彩さ。上から覗き込むように見ていると複数の楽器を多種多様なスティックで演奏するのが見事。聴覚だけでなく視覚的にも面白く楽しめて2階席にして正解でした。
 初めて接したブーレーズの曲は現代音楽らしく耳に残るようなフレーズはありませんが、透明感のある音が次々と生まれ絡み合うさまは活き活きとして、爽やかな音の洪水といった印象。飽きることなく浸って時を過ごすことができました。
 
 
nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。