SSブログ

ワルキューレ・・・Staatsoper Unter den Linden・・2019/9/8 [オペラ]

 スカラで聴いたときの感想を見てみると、→こち
 アンコールで最初からまた観たい、とか、[黒ハート][黒ハート]とか・・・こんな浮かれた感想ありえへんでリンデンでは。
 もちろんスカラで感動した事実になんら変わりはないのですが、オケと劇場が異なるだけで全く印象は異なります。SKBの音ははるかに緊張感が高く濃密、そして歌手の人達の渾身のパフォーマンスに軽々にアンコールなどと言えたものではなく(それでも第2チクルスが始まった今、行ける人が羨ましいと思ってる[猫])浮かび上がったのは愛だけではなく葛藤。観終わった後の満足感には荒波にもまれたような疲労感が伴ったのでした。
ブログDSCF9340.jpg
MUSIKALISCHE LEITUNG Daniel Barenboim
INSZENIERUNG Guy Cassiers

SIEGMUND Simon O'Neill
SIEGLINDE Anja Kampe
HUNDING Falk Struckmann
WOTAN Michael Volle
BRÜNNHILDE Iréne Theorin
FRICKA Ekaterina Gubanova
GERHILDE Christiane Kohl
HELMWIGE Vida Miknevičiūtė
WALTRAUTE Anja Schlosser
SCHWERTLEITE Natalia Skrycka
ORTLINDE Anna Samuil
SIEGRUNE Julia Rutigliano
GRIMGERDE Anna Lapkovskaja
ROSSWEISSE Dshamilja Kaiser

 この日もオケと歌手は阿吽の呼吸。これ以上のワルキューレに今後立ち会えることはあるだろうかと疑問に思うほどの公演でした。
 まず気が付いたのはオニールが着実に進歩していたこと。スカラ初演時のリハの映像で結構厳しくバレンボイム先生から指導を受け、相手役のマイヤーさまからもアドバイスをもらっていた記憶がよみがえりましたが、今のオニールはなんら不安なく阿吽の呼吸に溶け込み、発音についても臨席のドイツの人に確認したところ問題なしとのことでした。2010年の初演以来、カシアス演出のリングでずっとバレンボイム先生の元で歌ってきたという実績に裏打ちされた自信と力を舞台上で遺憾なく発揮していたというところ。
 カンペのジークリンデはスカラでのマイヤーさまになんら遜色なし。特に3幕の愛の救済の動機は絶品。その歌声は正に絶望の中に見つけた一筋の光でした。
 フォレは品格と威厳を保ちながらも苦渋に満ちたヴォータンでブリュンヒルデへの愛情をも含めて、これ以上は望むべくもないという存在感。ハーゲンの死の場面や3幕でブリュンヒルデに対して強く激しい口調で言い放つように歌ったのが信憑性ありすぎのなりきり度でした。
 予想以上に良かったのがテオリン。弱音でこれほど繊細に心の機微を伝えることができる人だったとは。大柄であるにもかかわらず、ヴォータンの前では純粋な少女であり、登場時のHojotoho! Hojotoho!・・・は荒々しかったのですが、それも無垢で未熟な少女らしさに思えてしまいました。
 シュトルックマンは前日の強欲なファフナーから冷血なフンディングに変身。
 グバノヴァのフリッカは美しいドレス姿がものすごくかわいいにもかかわらず、ヴォータンをやりこめる歌は説得力充分で恐れ入りました。

 フリッカ以外の衣装についても美しいというのを改めて実感。神々であるワルキューレ達のドレス姿にも人間仕様の兜や鎧が必要なわけもなし。

 演奏は前日もこの日もやや速めという印象。オケは傷がないわけではありませんでしたが、そんなことは些細な事で物語に没頭させてくれました。気が付いたのはワルキューレの騎行をスカラのほうが一拍目を強調して重く演奏していたこと。全体的にみればスカラの方がずっと軽いのであえて重くしたのか、いずれにせよリンデンでは重く演奏する必要はないのは確かです。

 それにしても物語の内容は知っているくせに、どうしてグッと胸に迫ってきたり、ウルッとしてしまうのか、信憑性の高い歌と音楽の力は凄いと改めて思った公演でもありました。
 

nice!(0)  コメント(4) 

ラインの黄金・・・Staatsoper Unter den Linden・・2019/9/7 [オペラ]

 6月に6泊9公演鑑賞という遠征をしたのですが、それを放置して9月の遠征を先にあげます。
 カシアス演出のリングは前半2作をスカラで、後半2作をシラーで鑑賞したので最初は観る予定ではありませんでした。ところが今シーズンのプログラムが全部発表されるとオランダ人以外他にワーグナーはなし。それではやはり行かなくてはいけないと思い改め、売り切れだったチケットも1か月前くらいに出てきたのを幸いと行ってきました。ただしそれほど長く日本を離れることはできないのでジークフリートまでしか見れなかったのは残念至極。
MUSIKALISCHE LEITUNG Daniel Barenboim
INSZENIERUNG Guy Cassiers

WOTAN Michael Volle
DONNER Roman Trekel
FROH Simon O'Neill
LOGE Stephan Rügamer
FRICKA Ekaterina Gubanova
FREIA Anna Samuil
ERDA Anna Larsson
ALBERICH Jochen Schmeckenbecher
MIME Wolfgang Ablinger-Sperrhacke
FASOLT Matti Salminen
FAFNER Falk Struckmann
WOGLINDE Evelin Novak
WELLGUNDE Natalia Skrycka
FLOSSHILDE Anna Lapkovskaja

 スカラで聴いたときよりもぐっと劇的信憑性が高く濃密。それを可能にしたのは密度が高くキレのある音を持つSKBの演奏と、生粋のワーグナー歌い達の阿吽の呼吸でした。
 バレンボイムが導く演奏はテンポの変化、抑揚が寄せては返す波のように淀みなく観客を物語にいざない、深い音は時に効果音のように緊張感を高め、場面ごとの楽器のバランスも絶妙で観客の心をつかんで離しませんでした。[猫]の拘りである巨人族の登場場面は今まで聴いたことがないほど重量感のある演奏で脳内に巨大な巨人が出現。クリア基準であるハグリッドどころか進撃の巨人かと笑ってしまいそうでした。
 その巨人族はサルミネンとシュトルックマン。この二人がそれぞれの性格を何気なく滲ませていたのが劇的信憑性を高めた要因の一つ。オリジナルではサルミネンではなく他の人だったはずなのですが、いつのまにかサルミネンに変わっていて今回も助っ人としての活躍。今回は今まで聴いたなかでは最も力のある声で、なおかつどこか哀愁のある暖かさを内包した歌い方がフライアを失う悲しみに通じて好演。一方のシュトルックマンはサルミネンと並ぶと小柄に見えて、兄貴の影に隠れて虚勢を張っているような印象だったのが、財宝を受け取る場面で強欲な本性を発揮。歌い方もさることながら、隙間なく財宝が積まれているか這いつくばって見るという演技が上手すぎ。足元は水たまりもあるデコボコなので決して自由に動き回れる環境ではなく、スカラの初演時にはそのような演技は要求されてなかったのに、思わずそう動いてしまったかのようだったのはさすがベテランのワーグナー歌い。
 波のように寄せては引く演奏が緊張の頂点に導いたのはアルベリヒの呪いの歌。バレンボイムはいつものように歌手が役に没頭して歌えるよう配慮をかかさず、シュメッケンベッヒャーは間を置いてのmeinem Fluch fliehest du nicht! 見事な歌いっぷりで物語のキーパーソンの役割を果たしてました。
 リューガマーの最大の魅力はさりげなさ。つまり頑張って歌っているというところは一切なく、常に自然体でその役で存在していると思わせてしまうところ。知的な声の持ち主ながらトボケているかのような印象を与えたかと思えば、厚いオケを超えて力強く声を響かせることもできる。歌も演技も柔軟な表現力の持ち主と言えるかもしれません。時々ダンサーと同調して何気なく動くのがダンサー達はローゲの意のままに動く精霊のように見えてきて、スカラでは気が付かなかった発見でした。幕切れで降りてくる幕を一旦止め、何を思ったのか?神々の運命を予感しているのか?このニュアンスある演出とティンパニの音が浮かび上がる演奏がなんとも言えない余韻を残しました。
 グバノヴァは怪我でバイロイトをキャンセルしたと聞いていたので心配してましたが、出演してくれて一安心。チーム・バレンボイムの一員として頼もしい存在なのは相変わらず。
 最後になってしまいましたが、なんといってもヴォータンのフォレの存在は圧倒的。品格がありながら指輪に未練をもってしまう微妙な心情。言うことなし。以前はパーペが歌っていましたが、元々さすらい人は音域が合わないということで歌わなかったので、フォレがチーム・バレンボイムに加わってくれたのは嬉しいことです。ここ数年この劇場で歌うことの多いフォレとあって、この後のチェルニアコフ演出のリングでもご出演を期待してしまいます。とはいえ、パーペのヴォータンをもう一度聴きたい気もするのですが、もしかするともう歌わないでしょうか?

 カーテンコールで最も称賛を受けたのがフォレ。次がサルミネン、シュメッケンベッヒャー、リューガマーの3人だったのは順当に思えました。もちろんバレンボイム&SKBにもいつものように最大級の称賛でした。
 
 演出は2010年のスカラ初演ではダンサーが鬱陶しく感じる場面もあったのですが、その後ダンスを交えた演出も増えたせいか、今回はそう感じることはありませんでした。いずれにせよスカラもベルリンも予算が充分になかった時代で、なおかつ保守的なイタリアの聴衆を考えれば、イメージを壊すようなものでないだけで充分。それに充実した音楽にはどんな演出でも問題なしと思えたのでした。

 

nice!(0)  コメント(2) 

修道院での結婚・・Staatsoper Unter den Linden・・2019/4/13 [オペラ]

 ベルリンのフェスト、先に書いた『マイスタージンガー』の前日に観た公演です。
ブログDSCF9174.jpg
ブログDSCF9179.jpg
DSCF9181ブログ.jpg
MUSIKALISCHE LEITUNG Daniel Barenboim
INSZENIERUNG, BÜHNENBILD Dmitri Tcherniakov

DON JEROME Stephan Rügamer
DON FERDINAND Andrey Zhilikhovsky
LUISA Aida Garifullina
DIE DUENNA Violeta Urmana
DON ANTONIO Bogdan Volkov
CLARA D'ALMANZA Anna Goryachova
MENDOZA Goran Jurić
DON CARLOS Lauri Vasar
MODERATOR Maxim Paster

 チェルニアコフとあって読み替えでないわけはありません。設定が舞台奥の壁に映し出され、字幕も同じく舞台奥の壁に表示されたのは視線をそれほど動かさずにすむので良いアイデアに思えたのですが、サイドの後方席の観客には死角になってしまったかもしれません。でも設定や字幕が見えてなくても楽しめるであろう演出で、とはいえ、見えていても理解できない部分もある演出でした。その辺はチェルニアコフなので推して知るべしというところ。それに演出がどうあれ結果的に楽しめたのは何といってもプロコフィエフの音楽の魅力によるところが大きく、どこか浮遊感を伴った粋な音楽を聴いているとコメディなんだから理詰めでみることはないと割り切れてしまいました。

 人生をオペラに捧げてしまったようなオペラ好き達が集合し、新作オペラを制作するということで始まったのは、実はオペラ依存症を治すためのライフセミナー。さまざまな受講内容に嫌気がさした受講者はやがてインストラクターに逆襲、そしてコンセプトは最後にド派手に用意してあり、大団円でした。
 舞台セットは改修前の客席を無造作に並べただけ。最後の場面のコーラスのド派手な衣装も素材はそれほど高価には見えず、制作費用を抑えることが条件だったかと推測してしまうほど。セットがシンプルな分、映像や小道具が活躍してましたが、それ以上に大活躍だったのが歌手の人達。歌になんら不足なく、喜劇役者のようによく動いて楽しませてくれて、初演初日だというのにチームワークも万全でした。
 しかし、さすがにウルマーナには演技は多くを要求しておらず、ベテランの余裕で万全の歌いっぷり。それでも役は元トップ歌手という絶妙な設定で、映像を使ってしっかりと笑どころを押さえていたのはチェルニアコフに抜かりなしというところ。
 主役のリューガマーはいつもどんな役でも器用に自然体で歌ってしまう人ですが、今回はさらにミニトランペット(コルネット?)や並べたグラスを演奏したりと、ここまで器用だとは知りませんでした。

 カーテンコールでチェルニアコフが登場するとお約束のようにブーとブラヴォーとのせめぎあい。それでも若干ブラヴォーの勝ち。ブラヴォー派は最後にド派手に演出されていたコンセプトが気に入ったのかもしれません。[猫]もどちらかというとブラヴォー派です。
 
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。