SSブログ

ロベルト デヴェリュー・・Bayerische Staatsoper・・・2019/3/23 [オペラ]

 グルベローヴァのオペラ出演はこの『ロベルト・デヴェリュー』4公演をもって最後となりました。
 当初、不覚にも[猫]は最後ということに気づいておらず、ユリアちゃんの次の公演である27日ウィーンまでの間、ベルリン、ドレスデンと移動を計画。しかし、最後と知ったからには行かないわけにはまいりません。ユリアちゃんの追っかけ目的で計画した旅行ですが、むしろこの公演を主目的にしなくてはいけないくらいです。気づいたときに1席だけ残っていたのは幸いでした。

ブログDSCF9142.jpg
ブログDSCF9143.jpg
Musikalische Leitung Friedrich Haider
Inszenierung Christof Loy

Elisabetta Edita Gruberova
Herzog von Nottingham Vito Priante
Sara Silvia Tro Santafé
Roberto Devereux Charles Castronovo
DSCF9144.JPG

 歌劇の歴史に名を残すディーヴァの最後のオペラ公演は、共演する歌手、指揮者、オケをはじめ全てのスタッフにとって特別な公演であろうことがひしひしと伝わる公演でした。もちろん観客にとっても特別な公演となったのは言うまでもありません。
 カーテンコールは長年にわたる功労を称え、感謝する観客の称賛でいつにも増して長く続きました。

 歌劇に興味を持ち始めた頃、ベルカントものが好きだと思ってましたが、それは勘違いだったようです。グルベローヴァ以外でこの演目を聴きたいと思うかといえば肯定できず、グルベローヴァだからこそ聴きたかったと言わざるをえません。今後興味を持ってこの作品を聴きたいと思える人は現れるでしょうか?

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。